将棋の段位・級位と実力

将棋を指す人たちの種別はプロ棋士、女流棋士、アマチュア棋士の3つに分類できます。

アマチュアの中で更に分類するのであれば入門、初級、中級、上級、有段、高段と分けられます。

当ページでは段級ごとにどの程度のレベルがあるのかを各種資料を参考に制作しました。

アマチュアの段級

〜入門者レベル〜

10級:将棋の段級は10級からスタート。全部の駒の動きを知っている。

9級:詰将棋は1手詰めが解ける。手筋がちょっとだけ分かる。

〜初級者レベル〜

8級:簡単な3手詰めが分かる。

7級:手筋を実戦で少し使える。

6級:定跡が少し分かる。

〜中級者レベル〜

5級:詰将棋は3手詰めが解ける。下手の横好きレベルで十分に将棋を楽しめる。

4級:簡単な5手詰めが解ける。定跡を少しだけ知っている。手筋が実践で使える。

3級:少し駒の効率を考えた指し回しができる。詰将棋は5手詰めが解ける。

〜上級者レベル〜

2級:将棋ファンで最も多い層が2級。オンライン将棋でも勝ったり負けたりと、かなり楽しめる。

1級:切れ味鋭い一手を放つ事ができる。詰将棋は7手詰めが解ける。

〜有段者レベル〜

初段:基礎的なことは殆どできている。多くのアマチュア将棋ファンが最初に目指すレベル。詰将棋は9手詰が解ける。

二段:県大会A級予選通過レベル。基礎は勿論、定跡・手筋・詰将棋など一定のレベルが求められる。詰将棋は11手詰めが解ける。

三段:県大会ベスト8入賞レベル。街の中で一番強いぐらい。このレベルに到達するまでは相当な努力が必要。主要な定跡変化や手筋はほぼマスターしている。詰将棋は15手詰が解ける。

四段:県代表クラス。市町村で一番強いぐらい。到達には努力+αの何かが必要になる。詰将棋は19手詰めが解ける。

〜高段者レベル〜

五段:全国大会準優勝レベル。優勝することもある。県で一番強いぐらい。大局観に優れている。詰将棋は21手詰め以上が解ける。奨励会3〜1級程度。

六段:アマチュア全国大会優勝レベル。奨励会初段〜二段程度。

七段:アマチュア最強レベル。アマチュア名人戦、竜王戦に優勝すれば与えられる。奨励会二段〜三段程度。

八段:アマチュアの最高段位。アマチュア竜王戦に3回優勝すれば与えられる。奨励会三段〜プロ四段と同等と言われている。

女流棋士の段級

女流2級:アマチュア四段と同程度の実力。

女流1級:アマチュア五段と同程度の実力。奨励会6級に相当する。

女流初段:奨励会5級に相当する。

女流二段:奨励会4級に相当する、。

女流三段:奨励会3級に相当する。

女流四段:奨励会2級に相当する。

女流五段:奨励会1級に相当する。

女流六段以上:奨励会初段〜二段に相当する。アマチュア六段に相当。

プロ棋士又は奨励会員の段級

奨励会2級:女流四段に相当する。

奨励会1級:女流五段に相当する。

奨励会初段:女流六段に相当する。

奨励会二段:アマチュア六段に相当する。

奨励会三段:アマチュア七段に相当する。

プロ四段:比較無比

プロ五段:以下同上

プロ六段:”

プロ七段:”

プロ八段:”

プロ九段:”

将棋の段位と実力目安まとめ

将棋の段級とレベル実力目安表はいかがでしたでしょうか?

これまでアマチュアとプロ棋士の実力差はかなりあると言われていましたが最近ではアマチュア高段者が3割程度の確率でプロ棋士を負かすこともあるそうです。

この事実からも分かるようにアマチュアのレベルも相当に上がってきていると言えるでしょう。

それにしても、3つがバラバラだと分かりにくいですよね。全部統合しちゃえば良いのに・・・っていつも思います。