アマ初段は将棋ファンならば取っておきたい。

私は2010年1月に将棋のアマチュア初段免状を取得しました。(大分前ですが^^;

何故初段を取ろうかと思ったのかと言うと元々将棋が好きだった事と父がずっと前に取ってたユーキャンの将棋講座が家にあったからです。

「将棋の初段も立派な資格なのか!!ならば取っておいて損は無いな」と思い、父に譲ってもらって取得する事にしました。

また、近い将来就職活動の際の履歴書にも将棋初段と書けると思った事も取った理由の1つであります。(面接官から高尚な趣味だねと言われるのを期待して)

あとは段持ちに憧れがあった事でしょうか?

いや、将棋ファンだったから取ろうと思ったのが一番の動機です。

超初心者でヘボ将棋指しでした。

講座で将棋の勉強を本格的に始めるまではコマの動かし方ぐらいしか知らず詰将棋や定跡、手筋なんて全く知りませんでした。アマ5級程度の実力を持つ父親と対局してもずっと負けていました。

そんな超将棋初心者だった私が約1年の学習で初段になれました。

 

厳密に言うと2008年の12月から将棋の勉強を始めて2009年11月に初段になりました。

なので初段認定は開始から11ヶ月目です。

当ページではこの11ヶ月に勉強した内容を公開しようと思います。

将棋アマ初段を取る為に勉強した事

ユーキャンの将棋講座

愚直にU-CAN(ユーキャン)の将棋講座テキストを読み進めました。

谷川浩司監修の光速の寄せが身に付くテキストブックです。

これが現在の私の棋風の礎を気づいていると思われます。

終盤辺りは谷川浩司さんの棋風に似ているかもしれません。

1〜11手詰めの詰将棋を500〜1000問程度解いた。

正確に難問解いたかは分かりませんが累計でこのぐらい解いたと思います。

PSPの将棋ソフト「東大将棋詰将棋道場」というのを持っていたので初段までの問題をひたすら解いていった感じです。

手筋、次の一手を覚えた。

ユーキャンの将棋講座のテキストの内容を読んで頭に叩き込みました。

とは言っても問題数はそこまで多く解いていません。私は詰将棋の勉強に重きを置いていましたから。

主要な囲いをある程度覚えた。

矢倉囲い、美濃囲い、穴熊、銀冠、中住まいなどの対局で良く出てくる主要な囲いは一通りマスターしました。

カニ囲い、雁木などの囲いもテキストにあったので覚えましたが今はうろ覚え程度です。

主要な定跡をある程度覚えた。

これもユーキャンの将棋講座のテキストの中に記載されていた内容を記憶しただけです。

矢倉、相掛かり、角換わり、中飛車、四間飛車、三間飛車、石田流などの主要な定跡が書いてありました。

これらの知識を勉強し、棋力判定試験を受けるまでに頭の中に叩き込んだ感じです。

とは言っても今は矢倉と相掛かり以外の定跡は殆ど忘れてしまいましたが・・・^^;

対局はどのぐらいやったか?

リアルの将棋で300局程度対局した。

父が将棋好きだったため相手になってくれました。棋力は5級程度でしたがヤフー将棋で毎日のように指しているので私の棋力が上がった際でも相手にならないって程でも無く、しっかりと応戦してくれます。

将棋の勉強開始当初は勝てませんでしたが上記の知識が増えるにつれ段々と勝てるようになっていきました。

オンライン将棋で200局程度対局した。

ヤフー将棋や将棋倶楽部24での対局です。

オンライン将棋は初段認定される前に始めたので強くなってから始めた感じです。

ヤフー将棋ではレーティング1500〜1700程度を保持していましたが将棋倶楽部24では強い方ばかりで勝率もあまり良く無かったように思います。

24での段位は初段には程遠いとは思いますがyahoo将棋のレーティングからして見れば初段程度はあるようです。

実際に役に立った勉強とそうでない勉強

ここまで将棋を勉強してきて思った事は詰将棋の学習はかなり役立ったと思います。その理由は攻めは勿論、窮地に陥った際の受けの対応力も身に付いていたからです。ピンチだけど逆転という時は必ず私が放った意外手が助けてくれて、これは紛れも無く詰将棋の恩恵だと思ってるからです。読みの力を付けたいのであれば迷わず詰将棋を解かれる事をお勧めします。

 

手筋や次の一手なども役立ちました。手筋の問題は解答を見ると意外なものが多く、自分では想像も付かない手順で相手玉を必死に追いやったり詰めろをかけたりする手順などが勉強になったと同時に将棋の魅力を教えてくれました。

 

次の一手は対局に良く出てくる場面をどう指すか?を考える問題の事ですがこれをやっているのとやっていないのでは中盤以降に差が出てくると思います。筋の良い差回しを身に付けたい方は必ずやっておきましょう。

 

しかし定跡はあまり必要性を感じていません。というのも対局の際に定跡に縛られてしまう事と、記憶する事が多いので途中で嫌になってしまう危険性があるからです。

なので定跡の学習はあくまでも駒組みをしていく際の考え方を学ぶ程度に留めておいたほうが吉のような気がします。

勿論、初段を目指すのであれば少しぐらいは定跡を知っていたほうが良いです。

二段以上を目指す方は必須だと思いますが一級以下で楽しみたい場合はそこまで定跡は必要無いかもしれません。

将棋アマ初段を取った時の想い

初段免状を取得した際の喜びはひとしおでした。

達成感と言いますか努力が実った事による喜びです。

将棋初段になるまで勉強したこと

初段免状に書いてある文言「同二将棋二丹念二シテ研鑽怠ラス進歩顕著ナルヲ認メ茲二初段ヲ允許ス」

意味→「将棋を真心込めて深く研究する事を怠らずに著しい進歩を認めここに初段を認める」

将棋初段までの道のり

将棋アマ初段、この資格を所持したことにより

今後の自信にも繋がりましたし、趣味は?と聞かれて将棋!と胸を張って言えるようになりました。

こんな感じで超初心者からアマ初段までの道のりを書いてみましたがやはり将棋が好きならアマ初段は目指したいものですね。

今現在は将棋倶楽部24や将棋ウォーズなどのオンライン将棋の段位で段位認定及び免状申請ができるそうです。


将棋 ブログランキングへ