スマホ将棋アプリで将棋番ライトというのがあったので取ってみました。

iOSバージョンのものを評価をしていきたいと思います。

将棋番ライト

アプリを開くとタイトル画面が現れました。

将棋番ライトの棋力はどのぐらい?

対コンピューター戦、GmaeCenter対局、近距離端末間対局、ローカル対局、設定

以上、5モードがあります。

 

まずは対コンピューター戦をしてみましょう。

将棋番ライトの強さはどのぐらい?

自由対局では手番は振り駒、先手、後手のいずれかで決められます。

レーティング戦では振り駒で手番が決まります。

 

強さは14級から四段まで選ぶことが可能です。

将棋番ライトの評価レビュー

因みにレーティングと段級位の関係は以下になります。

将棋番ライトのレーティング

  • 14級=R200
  • 12級=R400
  • 10級=R600
  • 8級=R800
  • 6級=R1000
  • 4級=1200
  • 2級=R1400
  • 初段=R1600
  • 二段=R1800
  • 三段=R2000
  • 四段=R2200

以上になります。

アプリ紹介では最高で道場四段レベルと書いてありましたが全然このアプリの方が強いと思います。

対局画面は以下のような感じです。

将棋番ライトは強いが段位はどの程度なの?

グラッフィク性はあまり高くないですね。

でも二文字バージョンに変えれば全く問題ありません。

将棋盤ライト〜対戦将棋道場〜

こちらは一文字タイプのように煩雑としていなくて見やすいです。

将棋番ライトの棋力はどのぐらい?

戦ってみたところ実際の段級位よりも全然強いと感じました。

8級でもかなり強めです。

初段の私は勝てないということはありませんがかなり苦戦しました。

6級ですと一筋縄ではいかなくなります。

しっかりと思考をしなければコロッと負けてしまうでしょう。

4級になってくるともはや思考無しでは勝てません。勝つためにはあらゆる定跡や手筋を知っている必要があります。

これ以上は勝てないので省略しますが非常に強めの将棋アプリなので上級者向けと言えるでしょう。

ただ、困った時に指し手が変になるのは他の将棋アプリと同様みたいです。

しかしスマホ将棋対戦アプリとしては最高クラスの強さと見て間違いありません。

私が以前持っていたPSPの将棋ソフト「激指」、「東大将棋」、「ボナンザ」などを思い出しました。

将棋番ライトの評価

強さ:9/10

一手の早さ:8/10

分かりやすさ:4/10

グラフィック:3/10

BGMの良さ:なし

機能:7/10

人気度:3/10

備考:かなり強いので上級者以上向け。

総合評価:6/10

ダウンロードはこちら

IOSアプリ