完全無料で詰将棋のアプリを探していたところ「詰将棋ライト」というアプリがあったので一通りプレイをしてみました。

当ページではその感想をレビュー・評価という形で述べていきたいと思います。

詰将棋ライトの評価

アプリを開くと

詰将棋アプリ

シンプルな初期画面がいいですね。

  • 1手詰め
  • 3手詰め
  • 5手詰め

短手数の詰将棋だが侮ってはいけないそうな。

それぞれ81問づつなので全部で243問ですか。

無料にしては結構太っ腹な問題数かと。

 

盤面を見てみよう。

詰将棋ライトを評価します。

うーん、駒のグラフィックが殺風景である事が否めない。

ちょっと絵心に欠ける気がするが・・・

駒を指す音は「パンっ!」と、あまり将棋駒の音らしからぬ効果音がする。

BGMは無し。

正解するとピポピポーン!という効果音が鳴る。

詰将棋ライトにチャレンジモードが出現!

でも答えが見れない・・・

しかも一度解いた問題はもう解けないという・・・

正答したら強制的に次の問題に進み、正答できなかったらその問題数でストップとなる。

このように、システム面に関してはやや不満が残る。

 

では問題の質はどうなのか?

詰将棋ライトの1手詰めはさすがに全問正解できたが3手詰めに関しては初段の私でもかなり頭を使わなければ解けない難問もいくらかあって、コマのポテンシャルを生かす事の重要性を再確認できた。

おそらく、どんな3手詰めでも完璧にできるようになればアマ初段ぐらいまでの相手との実戦ではほぼ負け無しで無双可能になるのではないか?

5手詰めに関しては恥ずかしながら解けない難問もいくらかあった。もちろん簡単な問題もあるが81問中半分の問題が難問のように感じた。

 

5手詰めの最後の最終問題はこんな感じ。案外あっさり解けてしまった。

詰将棋ライトの評判はどんな感じ?

1手詰め、3手詰め、5手詰め全ての問題を制覇すると「チャレンジ」という問題が30問出現した。

詰将棋ライトの解答はどこ?

開いてみると・・・

詰将棋ライトの答えはどこに記載?

こ、これは持ち駒が5枚もある・・・

という事は5手詰め以上だという事か?

何手詰めかが表示されていないので辛いものがある。

30問あるそうだが全部解ける自信は無い。

 

でもこれを解いたらまたも何かが出現するかもしれないので気になって解かずにはいられなかった。

しかし私にとっては超難問ばかり。

当てずっぽうで何とか全クリしてみました。

詰将棋ライトチャレンジモードが難しい。

アマ初段そこそこでは太刀打ちできない難問だらけでした。

しかもどれも11手詰め以上

最後の方の問題は21手詰めとかもありました。

アマ三段以上の方向けですねこのチャレンジモードは。

すらすら解けるのはアマ高段者ぐらいのものでしょう。それぐらい高レベルでした。

詰将棋ライト全問題クリアしました。

ちなみにチャレンジモードを全問クリアしても次には何もでてこなかった。

設定から成績クリアを押せば再度問題をチャレンジできるようになるそうです。

詰将棋ライトの特徴

ヒントが表示されないので上級者向き

ちょっと難しい短手数の詰将棋を解きたい人向き。

解答が表示されないのが難点

一度クリアした問題はオールクリアしない限り出来ない。

グラフィックが駒ではないので多少見づらい。

詰将棋ライトの評価

グラフィック:2/10

BGMや効果音の良さ:なし

機能:4/10

人気度:5/10

シンプルさ:8/10

備考:入門者にはオススメできない。多少なりとも詰将棋をかじった事のある人にオススメです。レビューではバグの報告もいくらかされていました。設定から成績クリアをしなければ新しく詰将棋を解く事が出来ないのですが何故かそれができない。

総合評価:5/10

ダウンロードはこちら

IOSアプリ